海外FXおすすめ業者はこちら

TitanFXの入金は目的別に使い分ける【手数料・反映時間・独自ルール】

Titanfx-payment

TitanFXはスプレッド、取引手数料が良心的な海外FX業者です。約定力にも定評があり、海外FX業者中級者にも人気が高いです。

また、コストの安さもTitanFXの魅力で、入金方法も複数あるのが特徴。

入金方法が複数あると、手数料や反映時間など、比較するべき項目が多く、結局どの入金方法を選べばいいのか分からなくなりがちです。

それぞれの入金方法にメリット・デメリットがあるため、特徴を理解し自分のトレードスタイルや目的に合わせて選ぶといいでしょう。

TitanFXの入金方法一覧

入金方法 最低入金額 最高入金額 手数料 反映時間
国内銀行送金 10万円~ 1000万円 無料 60分以内
VISA/Mastercard 1円 1000万円 無料 即時
AMEX(AmericanExpress) $0.1ドル~

(米ドル口座のみ入金可能)

$800ドル

(24時間あたり3回まで)

無料 即時
JCB $1ドル~ $2,000ドル

(24時間あたり10回$10,000ドルまで)

無料 即時
bitwallet

(ビットウォレット)

110円~ 1,000万円 無料 即時
STICPAY

(スティックペイ)

3,000円~ 1,000万円 無料 即時

出典:TitanFX

入金前にTitanFXの独自ルールを理解しておこう

TitanFX

入金方法を紹介する前に、TitanFXの入金ルールを理解しておきましょう。

海外FX業者はどこも独自のルールが定められており、規約に違反するとペナルティを受けるおそれもあります。

入金ルールは、そこまで難しくはありませんが、規約をよく読んで理解してから取引を始めましょう。

入金前に本人確認書類の提出が必要

TitanFXの口座開設後は、引き続き「認証手続き」をおこなう必要があります。

認証手続きが完了していないと、入金できません。

入金前に用意するもの
  • 身分証明書
  • 現住所が確認できる書類
STEP.1
必要書類を用意しログイン
まず、身分証明書と現住所が確認できる書類の二つを用意します。TitanFXのクライアントキャビネットにログインすると、お客様情報の入力画面が表示されます。
STEP.2
本人確認
右下の「ご本人確認を開始する」をクリックし、セキュリティ情報を入力。すべて入力したら、右下の「次へ」をクリックし、アップロード画面へすすみましょう。
STEP.3
個人情報の入力
アップロードする本人確認書類を選択し、氏名や有効期限を入力します。
STEP.4
自動認証
すべての項目に入力後、「次へ」をクリックし、自動認証へすすみます。
STEP.5
アップロード完了
身分証明書、現住所確認書類、顔認証の撮影とアップロードが必要です。
身分証明書

(3つのうち1つ)

パスポート

運転免許証

マイナンバーカード

現住所が確認できる書類

(発行から3か月以内)

住民票

銀行またはカード利用明細書

公共料金(電気・ガス・水道)の請求書

身分証明書と顔認証の撮影は「ShuftiPro」という認証ソフトが立ち上がり、ソフト内でも撮影できますが、事前に撮影しておいた方がスムーズでしょう。

明るい場所で、読み取りやすい写真を撮影しておきましょう。

認証が完了すれば、登録しているメールアドレスに承認完了メールが届きます。

入金に利用できる通貨は5つ

入金に利用できる通貨は以下の5種類です。

  • 日本円(JPY)
  • 米ドル(USD)
  • ユーロ(EUR)
  • オーストラリアドル(AUD)
  • シンガポールドル(SGD)

その他の通貨では入金できませんので、注意してください。

口座名義人以外からの入出金ができない

マネーロンダリング対策として、どの海外FX業者でも規定されているルールです。口座名義人からしか入金できません。

Titan(タイタン)FXの4つの入金方法

Titan(タイタン)FXの入金方法は以下の4つです。

ほかにNeteller、Skrillもありますが、日本在住者は利用できません。

すべての入金方法で、初回入金時の最低入金額が決められています。

国内銀行送金は100,000円以上、それ以外は20,000円以上です

FX博士

それでは、4種類の入金方法を順番に解説していきます。

国内銀行送金の入金手順と注意点

STEP.1
TitanFXのクライアントキャビネットにログイン1

最下部の「資金の入金」ボタンをクリックし、入金する口座を選択します。

STEP.2
入金方法の選択画面から国内銀行送金を選択

希望入金額を入力しましょう。

国内銀行送金の最低入金額は100,000円ですので、100,000円以上を入力する必要があります。

規約確認を求められますので、よく読んで振込方法の選択へと移りましょう。

STEP.3
振込方法の指定

インターネットバンキング振込・ATM振込・窓口振込の3種類から選ぶと、決済情報の確認が表示されます。

振込人名の欄に「ローマ字表記の名前・割り当てられたコード」を入力してください。

コードは固定ではなく、入金ごとに変更になりますので注意しましょう。

STEP.4
ネットバンクかATMから振り込んで完了

TitanFXでの入金手続きは完了したら、振込手続きが必要なため、ネットバンクかATMで振込をおこないましょう。

1時間程度でTitanFX口座に入金反映されます。

 

注意点
最低入金額が100,000円以上と高額、振込手数料が必要です。

 

クレジット/デビットカードの入金手順と注意点

クレジットカードでの入金が初めての場合のみ、カード情報の登録と認証が必要です。

まずはTitanFXのクライアントキャビネットにログインし、最下部の「資金の入金」ボタンをクリック。

「クレジットカード」を選択し、「新しいクレジットカードの登録」を選択して次にすすみます。

カードの有効期限や番号などを入力し、クレジットカード画像をアップロードしましょう。

顔認証も求められますので、画面の指示に従ってください。これでクレジットカードの登録が完了です。

STEP.1
【入金】を選択
ダッシュボード左側より【入金】を選択して入金する取引口座を選びます
STEP.2
クレジットカード入金を選択
再度「資金の入金」からすすみ、入金先口座の選択、入金方法をクレジットカードに設定して入金額を入力します。
STEP.3
カード情報の入力
クレジットカードの情報を入力し、「入金」ボタンをクリックすると入金手続き完了です。

クレジットカード入金は即時反映され手続きも簡単ですが、デメリットもあります。

それは「入金した金額分は、必ずクレジットカードで出金しなくてはいけない」点です。

たとえば20,000円をクレジットカードから入金し、利益確定後の口座残高が30,000円だとします。

この場合、20,000円は必ずクレジットカードに出金し、残りの10,000円を別の方法で出金しなくてはいけません。

2つの出金手続きを行う手間がかかる上、クレジットカードへの出金は返金処理となるため時間がかかります。

このことを念頭に置き、入金方法として選択してください。

bitwallet(ビットウォレット)の入金手順と注意点

まずはbitwallet公式サイトで口座開設が必要です。流れとしては、bitwallet口座を開設して入金し、それをTitanFXの口座へと送金します。
STEP.1
ログインして【資金の入金】をクリック

TitanFXのクライアントキャビネットにログインし、最下部の「資金の入金」ボタンをクリック。

入金する口座を選択します。

STEP.2
希望入金額を入力2
入金方法の選択画面からbitwalletを選び、希望入金額を入力。
STEP.3
メールアドレスの確認

bitwalletとTitanFXの登録情報が一致しているかを確認するため、登録メールアドレスの入力が求められます。

メールアドレスが同じであることを確認し、「入金」ボタンをクリックしてください。

STEP.4
メルアドとパスワードの入力
自動的にbitwalletの送金画面に移るので、メールアドレスとパスワードを入力してログイン。
STEP.5
入金完了
送金情報や入金金額を確認し、「決済する」をクリックして完了です。
bitwallet口座への入金には、みずほ銀行、クレジット/デビットカード、ApplePayが選択可能です。

FX博士

反映時間
クレジット/デビットカードとApplePay→即時

銀行振込→15分程度で口座に反映

bitwalletからTitanFX口座への入金は手数料無料です。

しかしbitwallet口座への入金には、一部の方法で手数料がかかります。

国内銀行送金は無料ですが、クレジットカードやApplePayは5~8%の手数料が必要です。

スピード面では非常に優秀なbitwalletですが、便利な反面、コストがかかるのは残念ですね。

利益分の出金も可能ですが、bitwalletから銀行への送金は2~3営業日をみておきましょう。

STICPAY(スティックペイ)の入金手順と注意点

STEP.1
ログイン後入金口座の選択

TitanFXのクライアントキャビネットにログインし、「資金の入金」ボタンをクリック。入金する口座を選択します。

STEP.2
入金額の入力

入金方法の選択画面からSTICPAYを選び、希望入金額を入力。

メールアドレスの認証を求められますので、TitanFXとSTICPAYの登録メールアドレスが一致しているか確認してください。

STEP.3
認証コードの入力

登録しているメールアドレスに認証コードが送られてきますので、その認証コードを入力しましょう。

STEP.4
入金完了

「今すぐ支払う」をクリックして完了です。

MEMO

STICPAYへの入金には国内・国外銀行送金、VISA・Mastercard、仮想通貨が選択可能。

すべて入金手数料が発生し、入金額の1%~3.5%を徴収されます。

bitwalletが5%~8.5%ですから、比較的安いようにも見えますが、銀行振込でも手数料がかかるのは痛いですね。

FX博士

Titan(タイタン)FXの目的別のおすすめの入金方法

TitanFXの入金手順と注意点を解説した次は、目的・状況に合った最適な入金方法を紹介します。

電子ウォレットがない人は国内銀行送金

bitwallet・STICPAYなどの電子ウォレットを利用するには事前登録が必要なので手間ですよね。

もし登録していない人であれば、国内銀行送金がおすすめです。

利益分の出金が可能で、面倒な事前登録も必要ありません。

自宅からでもインターネットバンキングを使って簡単に入金できるでしょう。

最低入金額が100,000円と高額ですが、口座反映も早く、手数料もあまりかかりません。

スピード入金したい急いでいる人はクレジットカード

今すぐにでもトレードに資金が必要、急ぎで入金したい人にはクレジットカードがおすすめです。

リアルタイム入金ができ、手数料もかかりません。

1番のおすすめはbitwallet(ビットウォレット)

TitanFXでの入金方法、ダントツでおすすめしたいのはbitwalletです。

bitwalletのメリット
  • 入金手数料が無料で
  • 利益分の出金も可能
  • 即時反映に対応
  • 2回目以降の最低入金額は110円からと低額

STICPAYは最低入金額3,000円、入金手数料2%ですから、いかに優れたサービスかわかります。

必要なだけコストをかけずに入金できるため、少しずつ入金してトライしたい初心者にもおすすめです。

Titan(タイタン)FXの入金に関するよくある質問【FAQ】

TitanFXの入金方法について、細部まで紹介しました。ここからは、入金に関するよくある質問について解説します。

Titan(タイタン)FXは入金ボーナスはありますか?

TitanFXには入金ボーナスやキャンペーンがありません。

その分、スプレッドを狭くし、お客様サービスで還元しています。

TitanFXはボーナスやキャンペーンがなくても人気な理由については以下の記事で詳しく解説しています。

TITANFX-Bonus TitanFX(タイタンFX)はボーナスが一切ないが人気が高い理由3つ

TitanFXのおすすめの入金を教えてください

やはりbitwalletを利用した入金でしょう。

入金・出金の両方で手数料が無料、口座への反映も即時とスピーディー。

利益分の出金もできるため、無駄な手間がかかりません。

TitanFXは出金できないという噂を聞きましたが、大丈夫でしょうか

まったく問題ありません。

なぜなら出金できないという噂のほとんどが、トレーダーの勘違いによるものだからです。

ルールに反した取引、出金手続きをおこなったトレーダーが慌ててSNSで発信し、噂が広がっています。

きちんとTitanFXの規約を確認していれば、出金トラブルは確実に防げるでしょう。

TitanFXの入金が反映されない時の対処法をおしえてください

入金方法によっては時間がかかることもありますので、時間をおいてから再度確認してみましょう。

同時に、口座名義人と入金方法の名義人が一致しているか、対応しているクレジットカードだったかも確認してください。

それでも解決しないときは、サポートデスクに問い合わせてみましょう。

営業時間 対応スピード
Eメール 8~16時 1営業日以内
電話 8~16時 即時
ライブチャット 24時間 即時

日本人スタッフがきめ細やかに対応してくれるため、英語に自信がない人でも安心です。

入金手数料は無料ですが出金手数料も無料ですか

クレジット/デビットカードの出金手数料は無料です。

しかし入金額までしか出金できないため、自由度が低いと感じる人もいるでしょう。

まとめ

TitanFXは、出金トラブルもなく、信頼性の高い海外FX業者です。

日本人になじみのあるクレジット/デビットカードからの入金もでき、国内銀行送金も簡単な手続きで済みます。

bitwalletやSTICPAYは事前の登録がやや手間に思えますが、海外FX業者ではメジャーな電子ウォレット。

これを機に電子ウォレット登録しておくと、今後も役に立つでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です